所沢軽合金株式会社 Tokorozawa Alloy Foundry

EQUIPMENT
三次元測定機用 Crysta-ApexC 1200シリーズ

三次元測定機用 Crysta-ApexC 1200シリーズ(多彩な測定が可能)

1.非接触

従来の接触式での三次元測定機では、製品形状のポイント評価しか出来ませんでした。
しかし、ラインレーザープローブ(METRIS LC60D)を使用する事により
これまで困難であった自由曲面の多点評価が可能になり、
レーザーでスキャンした点群データとCADモデルの比較照合検査が出来ます。
また、比較照合検査した結果をカラーマップにて提出する事も可能です。

※幅が狭い、もしくは深い溝のようなレーザーが届かない部位については測定が不可能な場合もあります。

2.倣い測定

製品を倣うと言う測定機能によって寸法では表記出来ない輪郭線や自由曲線を数値化し3Dモデルとの比較が可能です。
また、輪郭形状に直接倣う為ポイント測定よりも測定点が多く取れ高精度な輪郭測定が出来ます。
測定時間についてもポイント測定に比べ大幅に短縮できます。

3.接触型三次元

X1205×Y1205×Z1005のストロークにより大型の品物が測定出来ます。
CNC自動測定も可能です。